男の人

自宅の上手な賃貸運用

内観

管理は誰が行うか

仕事の都合で長期間転勤となったり、病気療養などで長い間自宅を空けざるを得ないとき、自宅を管理してもらいつつ賃料収益を得る手段がリロケーションです。リロケーションに関する知識として知っておきたいのが、誰が管理を行うのかという点です。自宅を貸し出している間は、通常はリロケーションを委託した不動産管理会社が担当してくれます。このため海外赴任のようにすぐに自宅に戻れない状況であっても、安心して貸し出すことが可能です。また建物そのものの管理だけでなく、リロケーションに際しては入出金の管理なども管理会社に頼めます。手数料が必要になりますが、事務なども全て委託することで、オーナーはリロケーションによって得られる賃料収入を受け取るだけといった賃貸経営もできます。

管理会社のノウハウも重視

アメリカやヨーロッパでは比較的古い歴史を持つリロケーションですが、日本ではまだ歴史が浅いのが現状です。リロケーションという賃貸管理が広まったのは、借地借家法の法改正以降のため、ノウハウを持つ不動産管理会社もまだ限られています。そのためリロケーションを考えている場合は、委託先の不動産管理会社のノウハウが十分か、チェックする必要があります。ノウハウが浅い会社を選んでしまうと、思わぬ契約上のトラブルや、実務面での問題が生じる可能性があるので要注意です。またリロケーション中に起こる注意したいトラブルとして、入居者が設備や備品を壊したといったケースもあります。物損などの保証も考えた上で、リロケーションの管理委託先を決めることが望ましいと言えます。